ストックビジネスアカデミー・オンライン体験会


開催日:2020年8月5日

【初開催】この90分でストックビジネスの最重要ポイントが解る!

長期的に売上を上げ、継続的に利益をもたらす仕組み、
「ストックビジネス」の本質を知る大竹が見つけた、
定額制が失敗する・成功する本当の理由

実際に数々の成長企業が実践している

ストックビジネス構築メソッドの体験こそ

ストックビジネスへの近道と考え

 

初のオンライン体験会を開催します。

<ストックビジネスマスター講座の代わりに開催>

毎年秋には、2日間集中の「ストックビジネスマスター講座」を

開講していましたが、今年は新型コロナを配慮し延期いたします。

代わりにこの体験会を開催し、ストックビジネス構築方法と

アカデミーで実践している学び方お伝えします。

来月の売上は大丈夫だろうか

いつまで月末の資金に追われる生活が続くのか

毎月安定した利益がほしい、でもどうすれば

 

このような不安を持ったことがありませんか?

 

その気持ちはとてもよくわかります。実際私もそうでした。

でも私は、10年前からストックビジネスの原理に気づき、増収増益を計画的に作ることが可能になり、年商が15億円を越えた今は連続右肩上がりというストックビジネス経営となりました。

 

しかし、そんな私でも今年2020年3月に起きた新型コロナでは、消費が蒸発するという初めての体験をしました。

 

そこで気づいたことは、本物のストックビジネスの強さです。

 

大きな事業を二つ持っていますが、一つは業績を落とし、もう一つは急拡大、この違いこそストックビジネスの強度そのもの。

 

新型コロナによる行動制限は、消費蒸発という誰も経験したことのない未曽有の経済停滞をもたらしましたが、経営者は逃げられません。今後は常に対応できるようにしなければならないという、難しい課題を突き付けられました。

 

私を含め、ストックビジネスアカデミーで一緒に学ぶ経営者は、それを乗り越えるべく、成功体験、失敗体験などを惜しげもなく情報共有しています。

 

ストックビジネスアカデミー独特の学び方が、同じ会員のビジネスモデルをテーマに全員が「ストック思考」を使いながら、ストック化への道筋を考えるというものです。これはまるでストック思考の「道場」であり、その結果全員がストック思考をマスターし、自然にストックビジネスを構築するポイントが見えるようになります。

 

気づけば、お互いの事業内容に精通した経営者コミュニティが生まれました。

 

「ストックビジネスで安定経営を目指す経営者コミュニティ」、これがストックビジネスアカデミーのもう一つの価値です。

 

そしてあなたにも、今回の体験会ではその価値を感じて頂きます。

 

新型コロナで行方が見えないこのタイミングだからこそ意味がある。

 

本当に強いストックビジネスは、びくともしないばかりか、視点を変えてむしろ業績を伸ばしたという事実。

 

事業が強くなった理由はいろいろあります。

しかし、最も簡潔にその理由を表現するなら、それは、私たちやクライアントがが常にビジネスを「ストック思考®」で考えていた、ということです。

 

たとえば、わたしは電車の中吊り広告を見て、

 

「このビジネスはストックか」

「どこにストック要素があるか」

「どのやり方を選べば継続性が高まるか」

 

を毎日考えています。

 

すると、普段のやり取りの中でも、ストックビジネスを意識して考えられるようになり、いつしか、意識しなくてもビジネスをストック思考で見れるようになってきます。

 

世の中には、売上アップや利益を残すのための手法がたくさんあると思います。

マーケティングや営業、社員のモチベーションアップなど、セミナーや研修もたくさんあります。

 

しかし、それらを取り入れて経営は安定したでしょうか?

 

時間が経っても経営が安定しないのは、その仕組みが無い中で新規を追いかけているからです。

 

経営の課題を解決するには、売上アップや利益を残すことだけではなく、時間とともに経営を安定させるための仕組みが必要です。

 

それがストックビジネスの構築なのです。

 

 

ストックビジネスに関する間違い

あなたは、事業のストック化が大事だと聞いて、

 

「ああ、継続課金のことでしょ?」

「会員制モデルだよね?」

「不労所得ってやつでしょ?」

 

などと、思いませんでしたか?

 

私のところには色々な社長から事業の相談がもちこまれます。

たとえば、「うちのサービスは、継続課金なので既にストックですよね?」という質問をされたことがあります。

 

しかし、私が「これって、継続的な価値を提供していますか?」と質問すると、

 

社長:「……」

 

たいていの社長が閉口してしまいます。

 

実は、「継続課金」「不労所得」「会員制ビジネス」と、巷で儲かると言われているこれらのビジネスは、ストックビジネスと同義ではありません。

 

もし、あなたも「ストックビジネスって継続課金じゃないの?」と思われていたのなら、ストックビジネスの本質の理解が十分ではありません。

 

誤って取り組んでしまうと、一時的に月額制を始めたにすぎずいつまで立っても事業がストック化できず、苦しい想いをすることになってしまいます。

 

ストックビジネスの本質を理解しない限り、あなたの既存事業をストック化することはできないのです。

 

ストックビジネスとは、

 

・継続的にお金が入る(この「お金」とは利益や儲けのことを表す)

・事業を売ることができる

 

これが「ストックビジネス」の定義です。

 

他の人は自分の事業を買いたいだろうかと考えてみてください。

買ったあとにあなたが辞めて、居ない会社を想像してください。

その会社ほしいですか?

 

時間とともに資産が増え続ける事業にするにはどうすればいいのか?ぜひ体験会で質問して下さい。

 

ストックビジネスの本質が解れば、ビジネスの見え方が変わります。

この見え方が変わる変化の瞬間を体験してください。そして、自分の事業を振り返ってみる。すると沢山の疑問が湧いてきます。その疑問に私大竹がその場で全て答えます。それが今回のストックビジネスアカデミー・オンライン体験会です。

 

それでは、あなたとオンラインでお会いできることを楽しみにしています。

 

◆開 催 名 :ストックビジネスアカデミー・オンライン体験会

◆日  時:2020年8月5日(水)16:00~17:30

◆場  所:ZOOMを使ったオンライン

◆参加定員:5人(少人数制)

◆参加費用:5,000円(税別)

◆申込方法:こちらからお申し込みください

 

 

■アカデミー会員様の声

Profile_nishimura-150x150株式会社サインズスクエア (実践会員)
代表取締役 西村 友宏さん

※店舗外装・屋外看板制作

創業して10年間、下請け体質の看板業界において独自の強みを研究し続け、全国からお問合せをいただけるようになり売上も右肩上がりでした。

自社のビジネスモデルには特に疑問を持つ事なく日々経営をしておりましたがある時、「ストックビジネスの教科書」に出逢い自社のビジネスに危機感を覚えました。

自身の思考が変われば何でもストックビジネスになる事が分かりました。
むしろ差別化があり自信をもってやってきた看板事業(フロービジネス)をストックビジネスに変える事が本質だと気が付きました。

ストック思考が身につけば普段やっているフロービジネスを単にフロービジネスで終わらせる事なくストックの種として蓄積する習慣が身につきます。

 

 

Profile_nakazato-300x300

株式会社女子マネ  (実践会員)
代表取締役 中里 桃子さん

※「コミュニティ構築」支援サービス

オンラインサロンという流行に乗って 引き合いや売り上げは上がるものの、このブームが去った後にどうなるんだろう…という悩みがありました。

「属人性の低いもので人やシステムで出来ること」「収益は高いが継続しないもの」「収益も高く継続しやすいもの」など…業務が細かく細分化され、「収益ユニット」に整理されて3年後5年後への希望が湧きました。

何を目指して今日取り組むのか?という視点が「今月の売り上げ」から「5年後のストックビジネスに向けたチューニング」に変わりました。

 

 

Profile_akazawa-300x300

あかざわ工房合同会社  (実践会員)
代表 赤沢 年一さん

※WEBシステム構築

朝から晩まで土日もなく働きまくらないければならないブラック状態から、定期的な実りが見込める島が見えつつあります。そのうち豊潤な大陸にたどり着けるのではと、いろいろな準備も楽しみながら取り組めています。

 

 

 

小松さん-200x200

日本ヘアカラー専門株式会社  (実践会員)

代表取締役 小松 幸志さん

※ヘアカラー専門店FC本部

僕が今まで学んだきたことが一瞬にして崩れました。それは僕が今まで信じて行ってたことは『フロービジネス』だったんです。そこに気づいてしまいました……
美容室を18年間、経営してきましたが未来に限界を感じヘアカラー専門店を出店。ノウハウをパッケージ化しFC展開を始めました。FC本部=継続課金のイメージがありますが直営店のキャッシュに頼った、またもやフロービジネスでした。
FC本部なのにフロージビネスから抜け出せない、、、何が違っているのか全くわからない状態でしたが大竹先生のSBA実践会でストック思考を学ぶことで違いがわかりフローから抜け出せました!今ではストックビジネスの思考で行動、チューニングができるようになりました。

 

 

実践会員に参加して経営基盤作りに活かした

小松 幸志さん(実践会員)の実体験はこちら↓↓

 


 

トックビジネスを学べるのはストックビジネスアカデミーだけ

 

 

あなたが、本気でストックビジネスを学びたいと思っても、ストックビジネスの原理を体系的にまとめた情報は、他では公開されていません。

ストックビジネスを実践している経営者は、おいしい(?)儲けの原理を口外することもありませんし、実はその経営者自身、それがシステムだという認識を持っていないことも多いからです。

ストックビジネスアカデミーでは、、数多くの事例解読や実際の経営から得た知見が惜しみなく公開されますので、最小限の時間とお金でストックビジネスを学び、実践できる環境が手に入ります。「ストック思考®」を身に付けたあなたは、事業を意識的にストックビジネスにしていくことができるのです。

================================

◆開 催 名 :ストックビジネスアカデミー・オンライン体験会

◆日  時:2020年8月5日(水)16:00~17:30

◆場  所:ZOOMを使ったオンライン

◆参加費用:5,000円(税別)

◆申込方法:こちらからお申し込みください

 

 

 

 



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.