【募集開始】2023年SBA共創プログラム~ストックビジネスへの道 



安定した収益はすべての問題を解決する

かつてフロービジネスだけで会社を失う恐怖を味わい、

「経営者が前向きに楽しく経営をするためには継続する利益が不可欠だ」

と気づいた経営者であり著者の大竹が、ストックビジネスの作り方

【ストック思考】をノウハウにまとめ、同じように悩む経営者と共に

ストックビジネスを作る実践の場として立ち上げたのがストック

ビジネスアカデミー(SBA)実践会です。

 

その後SBAで学び「このストック思考こそ経営に欠かせない」と

確信した浅野、熊谷、西村の3名が運営チームを立ち上げ、

悩める多くの経営者にストックビジネスの必要性と構築ノウハウを

伝えています。

 

SBA運営チームの熊谷です。

今日はSBA運営チームがどのような思いでSBA共創プログラム

を立ち上げたのか、また、どのような成果をあなたに

届けられるのかを、事例も交えてお伝えします。

 

 

変化こそ大チャンス!コロナ前には戻らない。

2020年2月、コロナで世界は一変しました。

 

リアルだったものがオンラインに変わり、

外食はデリバリー中心になるという初めての経験を

しました。

あの衝撃が3年続いた結果、気づけば物を選ぶ基準も

生き方の判断基準も、なにもかもが変わったのです。

 

あなたのお客さまも、判断基準は変わっています。

お客様の変化に気づいていますか?・・

 

私は、今年のSBA実践会に参加してハッと気づきました。

ストックビジネスの基本は、お客様への価値の

届け方なのですから、自分のお客様が変わって

いることを意識していませんでした。

 

変化こそ大チャンス!

 

自社のサービスを見直すチャンスです。

今回のSBA共創プログラムでは、あなたのお客様

がコロナ後に何を求めているのかを、チームで

一緒に考える回があります。

 

 

安定成長は自然にできるものではない

商品サービスの寿命は確実に短くなっています。

需要が旺盛で自然に事業成長した時代には、いろいろな

サービスが右肩上がりを描き安定成長しましたが、

 

お客様が目移りする、ライバルが生まれる、

コロナのような社会環境が変わるという現実

の中では、あなたの頑張りだけで安定収益を

確保するのは難しすぎます。

 

努力をする前に考える事と、知恵を出し合う仲間

が必要なのです。

 

 

あの人はなぜ安定収益があるのだろうか

目の前のことに頑張ることで短期的に収益は

上がります。でもそれは一時的なものです。

 

また来月も、再来月も同じ頑張りをしないと

沈んでしまうのが、あなたの取り組んでいる

フロービジネスなのです。

 

私もストックビジネスを学ぶ前は、そんな状態でした、

 

つい目の前の課題に追われがちですが、それでは

なにも変わらずに常に目先の収益を追うだけに

なってしまいます。

 

自然に成長していく時代は終わりました。

 

だからこそストックビジネスの原理を理解して、意識して作る

作業をしなければ安定収益は確保できない時代なのです。

 

百聞は一見にしかず

ストックビジネス構築に取り組まれた方の声を聞いてください。

 

SBA共創プログラム参加者の体験談 ①

《昨年のSBA共創プログラムに参加して、ストックに

なりえる企画を作り上げたものの、その企画では自社の

リソースが不足していることから一旦休止し、あらためて

翌年も連続で参加して、実現できるもの作った事例です

 

 ISOコム(株) 代表取締役 芝田有輝様

 

 

《ストックビジネスの一つである、フランチャイズの

手法を取り入れて事業を拡大する為に、SBA共創プロ

グラムに参加されました》

 

 ハーツクリッチ(株)代表取締役 穂苅英樹​様

 

 

短期間で結果の見えるプログラムが完成しました

ストックビジネスの仕組みを理解すると物事の

見え方が変わります。

プログラム通りにやるだけで、自分では気づいて

いなかった自社内のストック要素を発見できます。

 

次に、そのストックの要素を意識しながらお客様が

継続的に利益を実感する方法を考えていくのですが、

いままで考えたことのないあなたにはちょっと不安

もあるはずです。

 

しかし、ご安心くださいSBAの仕組みが不安を

解消します。

自分一人では出てこないアイデアが一緒に学ぶ仲間

から、どんどん出てくるのです。

 

このワークは最高です、最高に楽しくなる瞬間

なのですが、これがこのプログラムの特徴なのです。

 

普段ではあり得ないシーンなのですが、

成功への時間短縮」だと思います。

 

この仕組みを作るのに、私たちSBA運営チームは2年かかりました。

 

考えてみてください!

僅か6か月間で、ストックの要素発見から課題解決、

さらに価格設定と試し売りまで一気に形が見えて

くるのですから、参加された方は皆さん興奮します。

 

あなただけで取り組めば2-3年はかかることが6ヶ月で出来るのです。

 

昨年参加した方には、コロナ最中にも関わらず

確実に収益を上げた方が沢山います。

 

座学で学ぶだけではなかなか具体化できなかった

という方も、共創プログラムに参加すれば一気に

サービス構築まで進むという事例が毎年出ています。

 

「これならできる!」という実感を得てください。

 

 

2023年SBA共創プログラムの概要をお伝えします。

エントリーした方を「複数のチームに分けて」

継続的にストックビジネスを創るワークを行います。

 

① ミーティングを通じて、それぞれの事業背景の理解を深めます

② お互いの事業特性を理解してから、ストックビジネスの要素を見つけ出します

③  チームメンバー同士がサービスを試し合いフィードバックをします。

④  お互いにブラッシュアップを繰り返し、サービスの質を高め収益の確信を得ます

⑤  6ヶ月後の実践会で成果を発表します。

 

 

 

 

 

 

 

共創プログラムは毎年1月開始!6ヶ月間限定です!

今を逃せば、また再来年まで待たなければなりません。

 

ストックビジネス構築は早ければ早い方がいい。

 

なぜならば、ストック性のある商品サービスが

出来たその時から継続成長が始まり、それが土台

となってさらにストックを生み出す複利のような

後から後から楽になる仕組みだからなのです。



もし迷われているならば、もう一度参加者の声を

聞いてみてください。

 

SBA会員にはこのプログラムに毎年参加して、

自社サービスを見直すとか、新たに作る方

いるくらい再現性があります。

 

 

SBA共創プログラム参加者の体験談 ②

《動画配信事業を営み自社にストックが無いことに気

づき、動画事業の周辺にストックビジネスが無いモノか?

ビジネスのタネを探すためにSBA共創プログラムに参加

されました》

 

(株)タフメディア 代表取締役 三好孝典

 

 

 

《WEBコンサル事業を営む中で、SBA共創プログラムに参加

してチームで完成させていくプロセスを活かして、今後ストック

になりえる新サービス完成させることに取り組まれた事例です》

 

(株)イーナチュラル 代表取締役 齋藤信也

 

 

 

《現在のフロー事業からストックビジネスへの転換を

考えて、SBA共創プログラムに参加されました》

 

(株)エクセルリビング 代表取締役 矢島友和​様

 

 

 

人のチカラを借りることは悪いことだと思っていませんか?

それこそが、あなたの安定収益確保を妨げるマインドです。

 

ストック思考を学び、共に成長したい同じ気持ちの仲間

が居ます。みな同じ経験をしてきているのですから、楽な

気持ちで取り組んでください。

 

自分一人の知恵では上手く行かなかったからこそ

ここにきて一緒に作るのです。

 

共創プログラムは仲間から知恵を借りることを「善」

としています。

 

他の経営者も、知恵を貸すつもりであなたの参加を待っています。

 

 

ストックビジネスに集中的に取り組める貴重な体験

あるコンサルタントの方からは、どうして共創プログラム

だけ高額講座として販売しないのですか?と聞かれました。

もしこの共創プログラムだけを一般販売するならば

幾らですかと聞いたところ、

 

6か月間にわたるワークを10回以上行い、自社の中の

ストックビジネスとなりえる要素を見つけ、その後

ストックビジネスとなる商品サービスのコンセプト

を作り、最後は商品のプロモーションを作り試しに

売ってみる練習迄まで行う実践型のプログラムは、

50万円以上してもおかしく無いとのことでした。

 

たしかに、それも一理あるとは思いますが、

運営チームの皆で話し合いました。

 

なぜ私たちはプライベートな時間を削ってでも

SBAの運営を担うのか?SBAのの価値は何なのか?

なぜ6年間も続いているのか?

 

大竹はストックビジネスを次のように表現しましたが

その思いは課題に前向きに取り組むコミュニティーに

なりました。

「強固なストックビジネスは社長の精神安定剤です。

1つ完成すれば一生の財産です。3年に1つ

ストックビジネスを作り続ければ会社は永遠に

成長を手に入れられます。」

 

SBAに集う経営者は課題を抱えながら、安定収益の

基盤を作るために学んでいます。そして本気で仲間

の会社をよくしようとお互いに知恵を出し合って

いるのです。

 

ストックビジネスは、経営者にとって精神安定剤の

ような効果があり、安心して先のことに取り組める

ようになるのですが、するとまたさらに収益が良く

なるという好循環が生まれることで経営が楽しく

なるのです。

 

会員同士がお互いに知恵を出し合う場だからこそ、

コロナで疲弊した今だからこそ、会員の経営を

支える特典したいと思います。

 

SBA実践会員は、毎月の実践会への参加費だけで

他に特別な費用は発生しません。

 

このプログラムはSBA実践会員だけの特典プログラムなのです。

 

 

 

 

今回は、会員以外の一般の方にも初めてお伝えしています。

一般の方にお伝えするのは今回が初めてになりますが、

SBA実践会員の特典申込を使えば会員として1月から

参加できるようになりました。

 

実践会員特典申し込みの10万円だけで、すぐにこの

共創プログラムに参加できる権利を得られます。

 

今こそ人生を変えるストックビジネスを手に入れてください。

 

※初めての方向けに、「無料ストックビジネスガイダンス」

を開催いたします。

ZOOMを使ったオンラインで行います。

 

「無料ストックビジネスガイダンス」では、初めての方で

も取り組めるように、わかり易くストックビジネスの

考え方、取り組み方、SBA共創プログラムの上手な使い方

をお伝えしますのでぜひお申し込みください。

ZOOMでのオンラインとなります。

 

無料ガイダンスで得られるもの

①ストックビジネスの基礎知識

②あなたのビジネスからストックを作れる可能性

③ストックビジネスが作り易い共創プログラムの仕組み

 

 

《一般の方向け》無料・ストックビジネスガイダンス日程 ≫
終了

12月2日(金)

19:00 ~20:00

ZOOM オンライン開催
受付中

12月3日(土)

19:00 ~20:00

ZOOM オンライン開催
追加開催受付中

12月10日(土)

19:00 ~20:00

ZOOM オンライン開催

 

 

各回定員5名

定員になり次第締め切らせていただきます。

 

《一般の方向け》無料・ストックビジネスガイダンス

【申込】は以下から

 https://resast.jp/page/event_series/ZjgzZTBjZDY0M

 

 

初めての方が共創プログラムに参加するには上記

ガイダンスは受けいただく必要がありあります。

尚、共創プログラムは実践会の一部メニューの為、

実践会の入会が必要となります。

 

 

上記ガイダンスは一般の方向けです、

 すでにSBA実践会員の方は下へお進みください。

 

 

◆◆◆SBA実践会員専用、先行エントリー◆◆◆

 
 
【2023年SBA共創プログラム参加概要】

 

SBA実践会員は、通常の実践会参加費のみで共創プログラム

に参加できます。尚、チームを構成しますので、6か月間

のエントリーが必要です。

 

【申込】会員がSBA共創プログラムへ参加する

場合は以下からエントリーしてください。

 https://resast.jp/page/event_series/63552

 

 

第1次エントリー期間:11月16日~11月30日

参  加  資  格:SBA実践会員のみ 

第1次定員:SBA実践会員既会員枠8名予定

 

 

 【2023年SBA共創プログラム開催日】

 第1回 1月17日火曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 第2回 2月21日火曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 第3回 3月22日水曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 第4回 4月18日火曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 第5回 5月16日火曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 第6回 6月20日火曜 17時~19時 SBA実践会と同時開催

 

2023年・1月~6月の開催予定日は第3火曜17-19時となります

3月のみ祝祭日の為水曜開催

 

【開催場所】

現地会場とオンラインの2つの参加方法が選択が可能

(アットビジネスセンター池袋別館又は、Zoom)

 

【プログラム参加費】

通常の実践会参加費以外に追加費用はありません。

実践会参加費(会場参加16,500円又は、オンライン参加11,000)×6ヶ月分 

※開催当日不参加でも6ケ月プログラムの為返金はございません。

 

会員の方は、毎月の実践会参加を申し込んでください(会場orオンラインは選択可)

毎回オンラインで全国から参加することも可能です。

 

【申込】会員がSBA共創プログラムへ参加する

場合は以下からエントリーしてください。

 https://resast.jp/page/event_series/63552



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.