第1話:フロー地獄への入り口

フロービジネスで名をあげながらも抜け出せ

ないループをもがく中で、大竹との出会いで

ストックビジネスに出会い人生を変えた

(仮名)黒澤氏。

 

これはフロー地獄からストックビジネスを手

に入れて抜け出した物語です。

 

 

 

 

今から25年前・・・・

 

「大竹さん365日休みなしです(笑)」と嬉々として

話す黒澤さんは30歳

 

そころの大竹は、ラーメンFCチェーンを全国に

拡大中でした。

 

そんな、FC加盟店の中でもっとも優秀な店長

こそ黒澤氏その人です。

 

 

彼の働く会社は超々ブラック企業だったのです

が、黒澤氏にとっては覚えることも多々あるし、

会社は伸びているし社長はイケイケで魅力的

という環境は、ある意味ではブラックを超える

魅力もありました。

 

=========

みなさん、

このフロー地獄脱出物語の鍵は「権利」です

 

権利というものを実感して生きている人は

すくないでしょう

 

権利というものに無頓着でいる人生

の先には悲しい結果が待っていることを、

経営者こそ知っておくべきだと思います。

=========

 

話を戻しますが、

 

 

黒澤氏は、10年経ったある日、休みなく人生

をささげてきたブラック企業に辞職願を出し

ました。

 

「ここにいても浮かび上がらない」

 

10年の過酷な労働は黒澤氏の体も心も蝕み、

疲れ果てていました。

 

 

=======

世の中、10年働けば給与はあがるかもしれ

ませんが、「権利」は手に入りません。

 

「若さの特権」を提供してもなにも自分に

「権利」が残らずに給与以外はいつも同じ

場所に居ることに彼は気づいてしまったのです。

=======

 

彼が最初に連絡したのはFC本部の大竹さんでした。

 

黒澤:「10年勤めた虎の穴を卒業します」

 

大竹:「偶然ですね、私も全国一位なった

ラーメンチェーンを卒業して、新しい会社

を作ります。これからもいい関係で行きま

しょう」

 

 

=======

 

この前途洋々ないい感じの中で、まさかブラック

企業よりも過酷なフロービジネス地獄が待って

いるとは、誰も予想していませんでした。

 

=======

 

第一話:フロー地獄への入り口

 

はたして黒澤氏はどこへ向かうのか、続きは

次回以降でお届けします。

 

 

それでは今日も仕事を楽しみましょう エンジョイ(^^♪





Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.