順番通りやれば成果が出た!

今回の共創プログラムからは、沢山の成果が寄せられました。

その中から、クラウドファンディングに関わる事業に取り組まれた、Y社長の感想をご紹介します。

 

=============

参加する前に思ったこと

=============

まともに事業計画すら書いたことのない状態からのスタートで、やりたい内容も複数ありどの事業を6か月間で作り込んでいくべきか悩んでいた時期でもありましたので、SBAで貴重な機会をいただけることとなったのは、私にとって非常に良いタイミングでもありました。

 

 

============

プログラムが終了しての感想

============

今までの事業を振り返ってみると、何かを始める際に、既存のビジネスモデルをただマネから入るというやり方でしかありませんでした。

 

 

そこに議論はなく、まずJust do itでやってみて、ダメならやめるというトライアンドエラーの量産をしていたに過ぎなかったと今になってわかります。

 

たまたま売上のトップラインの面でうまくいったのだと。

 

 

今回サポートをいただいたことで、率直に「あ、ビジネスってこうやって作っていくんだ」という皆様からしたら当たり前のようなことが、私にとっては新鮮な発見が多くありました。

 

 

まず、議論を深めていくことで自分が何に気づいていないのか、毎回大幅にアップデートできるように思いました。

 

 

また、今になって大変理解が進んだ点として、例えば「長期的視点気づきシート」を書いていた

当時、これがその後どう活きてくるのかあまりイメージできていなかったのですが、ワークが進んでいく中で徐々に腑に落ちてきた感覚がありました。

 

「だから初回に長期的視点気づきシートを作っていたのか!」という感じでした。

 

 

今後、新規事業を作る際は「長期的視点気づきシート」で行ったことを同じように実施して視野

の広い状態でマーケットインの商品設計ができるのではないかと思います。

 

(今までの既存事業はどちらかというとプロダクトアウト型の自分がやりたいだけのビジネス設計だったように思います)。

 

ワークシートそのものが秀逸で、その順番通りやっていけば良いということがわかったのも非常に深い学びとなりました。

 

 

=============

フローをストックにするノウハウ特集

=============

 

さて今月の内容です。アンケートでも最もリクエストの多かった企画「フローをストックにするノウハウ特集」

 

どうすれば属人生を外してストックになり易い仕組みを作れるのか?

 

ITの役割や、使える他社の仕組みの事例などをもとに、皆さんと一緒に、自社での使い方を考えまます。

 

=============

会員以外でも参加できる特別回です

=============

通常は会員だけのクローズな会ですが今回は、コロナの自粛も明けて通常開催宣言を記念しまして昨年以来の【特別回】といたします。

 

SBA会員は知人を無料で同伴出来ますのでご友人がいたら声かけてください。

会員の方はこちらからお申し込み。

http://bit.do/fUDbV

 

 

尚、SBA会員に知人がいない方にも厳選3名様を「ご招待します」

以下の事務局へのメールアドレスへ「参加希望の理由」を書いてお送りください。

内容を厳選して招待させていただきます。

info@stock-biz.com

 

 

それでは今日も仕事を楽しみましょう エンジョイ(^^♪

 

SBA実践会 主宰チーム

 

ストックビジネスアカデミー実践会

入会方法はこちらから。

https://otaketakahiro.com/jissen



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.