エイベックスの誕生秘話にストック思考あり

レンタルレコード店の店員がエイベックスの会長まで上り詰めたとは聞いていて、とても興味はありましたが、なぜそんなことが可能なのか永遠の謎でした。その疑問を街録chさんが解いてくれた。

 

街録なのでインタビュー自体が面白いのですが、ビジネスを考える教材としてお勧めです。

 

エイベックスの松浦会長が最近YOUTUBERで人気を博していますが、これまで誤解をしていました。

 

昔の話ですが、エイベックスの社長時代に色々たたかれたイメージが定着していますので仕方がないですね

 

大学生時代のレンタルレコード店のアルバイトからなぜエイベックスの経営者にまで登りつめられたのか?

↓ ↓ ↓ ↓

単純な興味もあるでしょうが、今日はその背景を知ることで、どんな小さなサービスでもストックビジネスの流れを見つけることでエイベックス規模にまで発展できた軌跡が見える、学びの多い動画を紹介します。

 

 

レコードレンタル店=【貸す】ビジネスの本質をとらえる

 

松浦:「レンタルは0円で貸しても必ず戻ってくるの(笑)」

 

レコードからCDになってデジタルで劣化しないことが何をもたらすか気づく

 

【長期的視点】から【増えるもの】に気づく。

 

まあ当時はブームで日本中に何千何万とレコードレンタル店が増えてったの

 

そこで【顧客のカテゴリーを転換】して、

 

【全国に増え続ける】レコードレンタル店に【独自ノウハウのもの】オリジナル編集のCDを売る⇒ここはストック4段階の【改善】にあたるし、一瞬【権利】を手に入れたかに思えたが

 

スーパーユーロビートのような編集オリジナルCDでも音源は借り物なので、完璧な権利ではなかったが、ここでの作って売る練習がエイベックス飛躍のきっかけをつかむ

 

そして【権利】を取れるメーカーに転換⇒最高位の【権利】まで登った

 

漁師が養殖を教えて餌のメーカーになるように

 

 

理屈はここまで、まあとにかくインタビューを見て感じてください

 

そう考えながら、この動画を見ると、ストックビジネスを作る手順が分かる良い教材だということに気づきます。(中身が面白いのであっという間に終わります)

街録ch 松浦会長インタビュー 前編

https://youtu.be/FRVshRzZoJI

 

それでは今日も仕事を楽しみましょう エンジョイ(^^♪



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.