2022年SBAはコミュニティがメンターになる

謹賀新年

SBA主宰チームが大阪に集合してSBAについて深く話し合いました。

そこで出た、大竹の話からストックビジネスアカデミー(SBA)とは何か?

あらためてこのコミュニティから得られることについてのメッセージです。

 

 

=====================

当然ながら、設立時のテーマは

「ストック思考が習慣になり自然とストックビジネスが

出来るための道場」です。

 

ところが、

私の諸事情から、昨年より運営を浅野雅義さんを代表とする

主宰チームが行うようになり、私も参加者的な立場で関わる

中で気づいたことです。

これは「メンターコミュニティ」だ。

 

毎月2時間だけ、集中して他人のビジネスをストック化する

基本ワークは、物事を長期的にとらえるコミュニティとなりました。

それも各分野に精通している方々が集うことにより、会社経営の

ことならなんでも聞けるコミュニティになったのです。

 

私はメンターの必要性を説いていますが、

メンターとは心にゆとりを与えてくれる存在だと思っています。

 

幾度となくエンジョイ先生と過ごす時間から学び救われて

きた私が確信をもって言えることです。

経営者には心のゆとりが絶対に必要です。

そうしないと考えが短期に偏り、いつまでたっても

経営が楽になりません。

 

自分にとって心にゆとりを与えてくれるならば、

メンターは何人いても構わないのではと思うのです。

 

これは、私が20年前に心に刻んだ「心のゆとり」の話です。

まったく英語が話せないあなたに、突然来週からアメリカ赴任の

辞令がでたとします。普通ならばパニックになるかも

しれませんね。

では、もしその時にアメリカに20年住んでいる親しい従妹が

いたとしたらどうでしょうか?

「こまったら連絡してみよう」

 

実はあなた自身はなにも変わっていないのに

「心にゆとり」が生まれます。

 

 

私は一昨年からコロナで大打撃を受けました。

対策はするものの先の見えない不安感に襲われたのです。

その時、SBAのある方から声をかけられ協力し合いながら

コロナ情報を集めました。

人を介して世界的なSARS対策専門家、医者、安倍総理に近い人、

そんな定期会議に私も出て意見交換をすることとなり

最新の実態を知ることで心にゆとりが生まれ、腰を据えて

経営に取り組めたのです。

 

またある時は、駐車場のDXという新サービスを

作り始めたときに、QRコードの最新情報、

不動産業界の情報、車業界の情報など

短期間に情報をいただき商品化にこぎつけ

ご存知の通り、わずか2年で国内トップの

サービスになりました。

 

これはほんの一例です。

そのほかにも、カビ対策、健康管理、資金調達、

無農薬農法、クラウドファンディング、トレーニング、

キントーン、動物病院、不動産、レンタル、

サブスク、車産業、再生エネルギー、M&A、

通信販売、コミュニティ運営etc

私にはない経験値がどんどん拡張されています。

 

私だけではありませんでした。

聞けば皆さんがSBA実践会に参加しながら

タイムリーにコミュニティで相談していたのです。

 

いつでも相談できるコミュニティ作りには沢山の方々の

影の貢献があることは忘れません。

熊谷美威さんが立ちあげた分科会も大いに

役立っています。

 

この新価値メンターコミュニティをより活性化したいという思いから

2022年のテーマを「共創で繋がるストックビジネス」といたしました。

 

今年1月から始まる「SBA共創プログラム」も、

まさにその流れを汲んでいますので、

素晴らしい経営者コミュニティになることと思います。

 

ぜひSBA実践会の2022年にご期待ください。

 

それでは今年も仕事を楽しみましょうエンジョイ♪

 

SBA実践会 主宰チーム



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.