看板を活かす!ストック思考

先日、私が代表を務めるハッチ・ワークが

月極駐車所の稼ぎが勝手に増える「アキマチ」

という革新的な看板を作って新聞社主催の

「革新ビジネスアワード2019」で栄誉ある

大賞を受賞しました。(詳細こちら

 

私に看板を広告板としないで違う価値を生み出す

方法を教えてくれた人がいます。

 

たかが「看板」と言っても発想ひとつで素晴らしい

ツールとなり、その発想を拡大していき上場まで

した方なのですが(私はその思考法こそすごいと

思っています)

 

この発想の原点となった方のインタビューです。

 

知っていますか?

現在、民法改正という大きな流れが来ています。

いわば、保証人制度変わるのですが

 

このタイミングに合わせて登場した、

家賃債務保証サービス「オフィス保証24」という

サービスが業界で注目を集めています。

 

 

今回の実践企業インタビューはその

家賃債務保証サービス「オフィス保証24」

を展開するスターリンク株式会社代表取締役社長、

長尾泰治(ながお・やすはる)さんです。

 

 

あらためて対談レポートを見て気づいたのは、

長尾社長の事業の作り方を私もかなり影響を受け

ていることです。

 

私のストックビジネスの基礎的知識に大きく

影響を与えたいわばビジネスメンターです。

 

彼の行動を見ていると、業界の常識に染まらず

に着想し目先では動かず、ストックビジネスに

しか興味が無いようなのですが、そういう行動を

続けると時間とともに事業はどうなるでしょうか?

 

その結果は・・・

今では上場企業となったエリアリンク株式会社

の創業に参加され経営基盤を作り、その後自ら

スターリンク株式会社を起業し新たなビジネスを

次々に作っています。

 

ストックビジネスアカデミーでは、看板を付けて

お金を払いに行く方法で継続的利益を得ていく

ビジネスの話を時々しますが、そのモデルと

なっているのが私が勝手に命名したこの長尾式です。

 

 

そのエピソードを紹介します

 

スターツから独立してエリアリンクの創業に

参加したころの話です。

 

(本文より)

長尾:一方、エリアリンクでは、トランクルーム事業

を始める前に土地を借り上げて駐車場(トラックヤード)

や資材置場などとして運営するサブリース事業を行な

っていましたが、固定資産税が掛からずに土地を保有

できているようなものですから、本当に最強の仕組み

だと思いました。もちろんサブリース先の選定は重要

ですけどね。

 

大竹:そういえば、私が長尾社長に出会った昔から

「サブリースは最強!」とおっしゃっていましたね。

 

長尾:時代が良かったのもありますが、ポイントは

土地オーナーへのアプローチと関係性を保つための

仕組みになっていたのが大きいと思います。

 

大竹:確かに、営業には継続してアプローチする仕組

み、つまり嫌われるのではなくて相手に喜ばれながら

通い続けられるというのは大事ですね。

 

長尾:毎月の看板料をあえて持参。

土地オーナーも毎月顔を出してお金を持ってきて

くれる担当者を悪く思うわけはなく、当然のよう

に家にあげてお茶を飲んで世間話をする。

 

大竹:結構、大家さんは暇ですからね。

 

長尾:そうです。

そしてその世間話から不動産を含めた相談が

自然に生まれるという仕組みです。

 

大竹:まさに「積層ビジネス」ですね。

空き地に看板を立てさせてもらって、その賃料を

持参して世間話をする手法はストックビジネス

アカデミーでも素晴らしい仕組みとして何度も

紹介させてもらっています。

 

長尾:その仕組みは、エリアリンク時代からですね。

 

大竹:そうですか、私はてっきりスターツさんの

手法とばかり思っていましたが、心憎いまでの

地主さん囲い込み方法を実践したのは長尾社長

自身だったのですね。

 

長尾:これはエリアリンクの時代の話ですが、

地元の千葉で自社の看板をいたるところに立て

させてもらいました。

 

大竹:地主さんとの関係強化ですか?

 

長尾:それもそうなんですが、あちらこちらに

看板があると、地元の最大手と思われて競合

への参入障壁にもなる。

 

大竹:なるほど。

 

長尾:笑い話ですが、看板は空き地に

「貸地のことなら・・へ」と貸地を扱う宣伝看板

なのですが、単に看板を立てさせてもらっている

だけでも、その看板が立っている所が空き地なわけ

ですから土地への問合せが入ることもありましたね。

 

大竹:別に、その土地を貸し出そうとしているわけ

でもないのに立っている看板を見て電話がくる(笑)

 

長尾:そうです(笑)そして条件を聞いて土地オーナー

に伝えると、既に人間関係があるので話も決まりやすい。

 

大竹:広告看板は広告としか普通の人は発想できま

せんが、そこまで意識している不動産業者は少ないと

思います。これはヒント満載です(笑)。

 

長尾:アナログで地味にみえますが「トランクルーム」

事業でも、なくてはならない看板って奥が深い

とても有効な手段です。

 

===============

 

さてまだ先はあるのですが実践企業インタビュー

から抜粋ですので、今日はここまで、続きは

またお送ります。

 

いかがでしたか、あなたのまわりにも

ビジネスのきっかけになるものありませんか

こういうチャンスに気づくには一人で考えない

で、みんなでその価値はなに?とストック思考で

意見し合えば必ずいいアイデアが浮かびます。

 

「そうかあ、看板を広告掲載の板と考えずに

営業訪問するための道具と再定義するんだ」

とだんだんコツがわかってきます。

 

 

SBA会員は、まるで自分事のように考えて

一緒になって、相手以上に相手のことを考えます。

 

SBA実践会はそんなコミュニティなのです。

 



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.