ストック成功のポイントは状態管理だ

なぜ、世の中が定額制に走るのか? 
 
先週そんなお話を大阪セミナーで話した

ところ大変反響が大きかったので、今日は

レポート事例からお伝えします。

 

昔の定額制とサブスクの違いって何なのか?

知りたいですよね。

それがわかると、伸びている理由も、

定額制にして失敗した理由も見えてきます。 
 
私たちは、サービス革命の真っただ中にいます。
一緒に考えてみましょう。

 

 

SBA事例解読レポートは、

「学習塾業界の破壊者」と塾業界では

話題となっている、リクルート社のグルー

プ企業が展開する動画配信サービス

「スタディサプリ」を解読しました。

予備校の著名講師と契約し録画した講義

をインターネットで配信し、スマホとパ

ソコンを利用して学ぶオンライン予備校

サービスです。

 

当初、講義10回セットで5,000円

配信をスタート、有料受講生は数千人

に留まりましたが、翌2013年から

5教科8科目の全科目を月額980円

視聴できる形に変更することで、有料

受講生は一気に増加しました。

 

 

日本国内では学習塾や予備校の市場規模が

成長から停滞に移行している中で、いまま

で需要を取り込めなかった新市場を商品力

と価格戦略で生み出した、まさにイノベー

ションを起こした形になります。

 

 

 

さて本題です。

実に優秀なストックビジネスになっていますが

今日はそのポイントからストックビジネスへの

ヒントをお届けます。

 

今回の解読からは、あなたがこれから定額制の

サービスを考える際に絶対に外せないポイントを

見つけることが出来ます。

 

最近では「定額制」という言い方と「サブスク

(サブスクリプションの略)」という言い方が良く

使われ混乱を引き起こしているような気がしてい

ますので、あえてこの場では「定額制」は月額で

料金をもらう課金制度「サブスク」は定額制を

維持する仕組みと分けて考えたいと思います。

 

 

ストックビジネスを構築する際に継続的に価値を

提供するサービスであることは必須ですが、「受け

手がこのサービスを使うことでどのような状態

(感情を抱いているかいるの)かをデータで把握し

ようとする」ことを「状態管理」といい、サブスク

として成功しているビジネスモデルはこの状態管理

から継続率を高めるのが上手いのです。

 

例えば「スタディサプリ」ならばサービスの受け手は、

学生と、購入した親と2つ存在します。

 

この場合に行う「状態管理」は、利用状況の

データから2つの受け手に対して最も必要とする

情報を毎日提供することです。

 

学習者に対しては視聴データを分析して視聴率が悪

かったり、途中離脱が多いようなコンテンツにはす

ぐに対策を打っていきます。

 

一方で、親にはお子様の学習状況を見える

化して提供するということです。

状態管理のデータを活かせばユニークなサービスを

提供していけます。

 

この「状態管理」から蓄えられるデータ多重活用

を続けることで、利用者が継続すればするほど利

用者との感情の距離が縮まり、ますます競争優位

になる仕組みとなります。

 

この流れはストックビジネスが強靭になる

シンプルな仕組みです。

 

================

なぜ今、世の中が定額制に走るのか?

================

 

昔の定額制と今のサブスクの違いを一言

でいえば、テクノロジーの進化によって

状態管理が簡単になったとということ。

 

 

あなたは今、サービス革命の中にいます。

 

ちょっと考えてみてください。

あなたのサービスにも「状態管理」できませんか?

 

 

「受け手がこのサービスを使うことで

どのような状態(感情を抱いているかいる

のか)を把握しようとする」

 

ということを意識することで初めて気づく

ことが沢山ありませんか?

 

どうして最近になって急に定額制に注目が

集まるのかこれでわかりますね。

 

ストックビジネスアカデミーでは、毎月の

会員レポートで、ストックビジネス構築で

活かせる事例を解読してお届けしています。

 

今回のレポートは必読!!

ほんの一部をご紹介しました

詳しい内容にはぜひレポートをごご覧ください。

SBA会員に限定コンテンツです。

 

 

SBA実践会員のご案内はこちら

 

今日のプレゼント動画

 

 

※※重要なお知らせです※※

年に1回しか開催しない

ストックビジネスを学ぶ最高峰の講座です。

 

『ストック思考®』を完全マスターできる2日間

ストックビジネスマスター講座 [完全版]

 

開催日が決定しました

■ 日 時:2019年 (予定)

   10月11日(金)11:00~18:00 講義/ワーク

  10月12日(土)10:00~17:00 講義/ワーク

■ 場 所:東京都内予定 

昨年も予定が合わずに参加できない方がおりましたので

まずはスケジュールをお伝えします。

正式な募集開始は少々お待ちください。

検討する方は予定をまず押さえておいてください。

詳細はこちら

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.