【無料プレゼント】こんな所にストックビジネス発見!

今日は最後にプレゼントをご用意しました。

 

では早速、ストックビジネスの解読です。

 

 

 

私の趣味の一つに「花」があります。

 

そんな私が最近の流れで気になったビジネスがあります。

 

花の宅配です。

 

=================

花の宅配ビジネスにヒントを見つけた

=================

 

えっ!!大竹さんなに古いこと言ってるの!?

 

 

たぶんそう思いますよね

 

そうなんですよ

「花キューピット」いう看板どこかで見たことが

ありますよね。

花を遠くの人に届ける、贈るというほうが良いかもしれません。

 

このサービスは、

 

全国の花屋さんをインフラにしたビジネスで、

この仕組みはアメリカで産声を上げて、なんと1953年に

日本でも有志の生花店数人が立ち上げた「生花通信配達システム」

なんです。

 

「※生花通信配達システム=お客様(ご注文主様)から遠隔地にお届けするお花のご注文をいただいた加盟店が、お届け先様の最寄りの加盟店にご注文内容を連絡し、そのお届け先様の最寄りの加盟店がご希望のお花をおつくりして、お届け先様にお渡しするシステム。」(公式HPより)

 

 

インターネットの無い時代、私もあなたも生まれる前

65年も前に始まっているんです。

物流が未整備の時代に革命的だとおもいませんか

 

文具店のネットワークを使ったASKULとも似ていますが

こちらが先駆者です。

 

「生花」は傷みやすいのに「贈るもの」という性質があります。

まるで電報のようにできないか?

運送屋さんでは傷んで運べない、コストも合わない

そんな生花を花屋さん同士が力を合わせてお届けする。

当時は革命的なアイデアだったと思います。

 

でもこのビジネスモデルは普段使いの自宅用には適していません。

そもそも花屋さんなんですから

結局近くの花屋さんから買ってくださいですね。

 

観葉植物のレンタルはストックビジネスとして

広がっても、傷みやすい生花は成り立ちにくいし・・・

 

ここにイノベーションは起こせないものか?

 

 

さて現代に戻ってきてみましょう

 

国内の生花マーケットは1992年をピークに

今では当時の48%に減っています。

 

そして花屋さんの数はどうかというと少し減った程度です。

 

でも、この間に新規出店もかなりあり、実は同じ数が消えている

新規開業には難しい市場になっています。

 

さあ、あなたなら、

この業界にビジネスをどうやって起こしますか?

 

そしてできればストックビジネスを!

 

 

最近注目している会社でBloomeeLifeという

インターネットによる花の宅配専店が気になります。

 

むずかしいと思われた自宅用の花を毎週定期便

で届けるモデルで、しっかり成長していて有料会員は

今では13,000人を超えています。

(出典:企業リリースより)

 

レッドオーシャンの市場でも、上手くニーズをとらえれば、

生花の自宅用宅配マーケットについては伸ばすことが出来ている。

 

でもこれだけ歴史がある業界です、そんなに簡単にいくとは思えない。

 

 

毎週500円とか800円で届くこの商品って大丈夫かな?

と不安になりネットで評判をみると、良い評価もあればマイナスコメントも当然ありました。

「しょぼい」とかも書かれていて微妙な感じです。

(送料高いと思う方もいるようですね:別途250〜500円

配送:毎週or隔週)

 

実際に私は、800円+配送料を契約して、

今は毎週届いているのを検証してます。(鑑賞ですね、笑)

 

一度はこんなしおれた花が届きがっかりしました。

がっかりしました。

 

こういう場合の対応方法が書いてあったので

直ぐに再配送を依頼しましたが、

その手続きの簡単さや、対応を見ると

そこに定期便成功のコツがしっかり入っていて

私の継続率評価はむしろ上がりました。

チューニングを繰り返せばまだまだ伸びそうです。

 

 

さて私が出した結論は・・・

 

これは有望なビジネスですね。

 

 

月額の定期支払いのことを先に解説しますと

最近はサブスクリプションといって

ストックビジネスの代名詞のように言われていますが

はっきり言って、それは大きな間違いです

 

そのサービスそのものにストックの要素が存在

するかどうかがポイントで、月額支払い=ストック

と簡単に考えたら失敗します。

事実、参入も多いですが撤退している人も沢山います。

 

 

今回のモデルが有望という意味にはいくつかの理由があります。

 

逆に言えばサブスクリプションを成功しやすく

するコツもここに隠れています。

 

1、     ワクワクはあるか

2、     問題が起きた時にお客にストレス与えない仕組みがあるか

3、     時短、助かる部分はあるか

 

さらに、この会社は小さなイノベーションも起こしています

 

4、宅配でコスト的にも解決するにはポストに入れられるか

どうかが重要ですが、イノベーションはポストに入れられる

専用のケースが使われていた

 

5、町の花屋さんから買う課題を解決する●●●がある。

これは今回のプレゼント音声を聴いてください。

 

6、ストックの周辺に売れる●●●を用意している。

これも今回のプレゼント音声に入っています。

 

ヒントを言いましょう

ネットで「しょぼい」と言われている問題をどう解決するか課題ですが

「花は飾られて評価される」という本質価値がポイントですね。

 

飾る花瓶によって価値は相当変わります。

郵便ポストに入るサイズにそもそも限界があるから

そこでしょぼくなる、なら其の先も考える

私の場合は短サイズをカバーするのに

足のあるシャンパングラスを使ったり、

茶器をいましたが、応用すればそこのストック周辺に

もっと面白いチューニングができますね。

 

このストックビジネス解読は会員だけのものですが

 

今日はクリスマスです。

そこで特別に皆さんに無料プレゼントします。

 

【週刊ストックマインド】

vol.94 こんな所にストックビジネス「花屋の宅配」

http://stock-biz.com/stockmind/vol94_stock_mind_hanaya_181210.mp3

 

 

新規事業は軌道に乗るまでは評判が厳しい時もあります

でも、経営者が「ストック要素」を確信して「チューニング」

を繰り返せばかならず成功します。

 

問題は確信出来るかどうか、感性ではないんですね。

 

 

今年も最後までお読みいただきありがとうございます。

2018年最後のビジネスレターいかがでしたか?

 

ストックは蓄積なので意識した1年に無駄はありません。

かならずあなたの中に気づきが残っています。

 

また来年も一緒にストックビジネスを作りましょう。

 

良いお年を!エンジョイ(^^♪

 

===================

エンジョイ先生を囲むイベント開催が決まりました!!

 

新年エンジョイ懇話会

「エンジョイ先生に聞く!2019年展望」

 

さて2019年はどうなるか?

 

他では手に入らない特別な時間にご招待いたします。

 

おいしい食事とお酒を楽しんで頂きながら、そこでは、

 

経済の流れ、ビジネスの話、生き方、次の一手な

 

ど多様なテーマの話をします。

 

エンジョイ先生と大竹のストック思考と最先端の話を

 

絡めながらのトークセッション。

 

今回はゲストにAIの専門家佐藤学先生もお呼びして

 

みなさんお質問にも応えながら特別な時間を提供いたします。

 

 

と、文字で表現すると

 

「どんなすごいイケイケの会かな」と思いますが

 

そういう想像はしないでください。

 

ここがエンジョイ先生の世界観。

 

ゆるい。

 

とにかく自然体でゆるい雑談です。

 

これがないとSBAの新年は始まりません。

 

皆様にとって2019年が素晴らしい年となりますように!

 

ちなみにこれは、

一般の方が参加できる唯一のイベントです。

 

【開催内容】

期日:2019年1月22日(火)

時間:18時~21時

場所:都内某所※近日決定いたします。

定員:30人(予定)

 

【 費用について 】※全て別途消費税

SBA会員ご自身:【参加費無料招待】+会食費別途

 

SBA会員紹介者: 同伴参加費3,000円+会食費別途

※会員は1名同伴可能ですがその場合お連れする方は参加費3千円と会食費となります。

 

一般参加者   : 参加費20,000円+会食費別途

 

会食費:1人8,000円

 

※参加できない方でも同時放映をご覧いただけます

SBA会員(オンライン会員、実践会員)なら会場から生中継を

無料で視聴できます。※一般の方の参加枠には限りがあります。

新年エンジョイ懇話会お申込みはこちら

 

 

ストックビジネスアカデミー(SBA)では

ストックビジネス経営のポイントが自然

とわかる様になるオリジナルコンテンツを

毎週提供しています。

⇒SBAのご案内はこちら「ストックビジネスを自分のものにする

 

大竹啓裕



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.