金の鉱脈は、自ら作り出せる

今週は大阪でセミナーを開催します。

 

【7月29日】

プレジデントアカデミーによる、「経営の基礎」とのコラボセミナーです。

セミナー詳細はこちら

 

 

1時半という短い時間ですが、ポイントを絞って

伝えたいと思います。

 

さてそんなテーマの一つが、ストックビジネスを

構築することは、金の鉱脈探しと同じ感覚だという

ことです。

 

そう、

右肩上がりで利益が増えていく「金の鉱脈」

ある社長が、そんな金の鉱脈を見つけるまでのお話です。

 

 

会社はいくらの価値があるか?

 

これは実話です・・・

 

著名な投資家A社長を友人にもつ(仮名)木下社長は

リーマンショックを乗り越え自信を取り戻していました。

すこしお酒も入ったこともありAさんに太鼓判を

押してもらおうと思い言いました。

 

「A社長、当社もようやく安定して来て純利益が2000万円を

下回ることはないと思います。もし当社を買うならいくらで買っ

てもらえますか」

 

A社長は財務諸表を見ながら

「・・・魅力無いね。」

「正直にいうと買いたくない会社ですよ」

 

たぶん1億円くらい・・・と思っていた木下社長は唖然とした。

 

「えっ。どうしてですか?

2000万円利益が出ているんですよ」

 

A社長

「木下さんね、投資家は投資した金額と、将来その会社を

売った時の金額を見てるの」

「木下さんの会社は全部フローだし、もし木下さんがいなければ

いまの利益維持できないでしょ、価値つかないよ」

 

「どうすれば、買ってもらえますか」

 

A社長

「売り上げがストックにならないと、会社の価値は上がらないよ」

 

木下社長は理解できませんでした。

 

 

ストックビジネスは金の鉱脈も同じ

 

さあ、それから5年後・・・

 

A社長

「木下さん、出資するよ、随分いい会社になったね」

 

 

この劇的な変化はどのようにして起きたのか?

ストックビジネス構築が「金の鉱脈探し」と言える所以を

大阪のセミナーでお話したいと思います。

 

 

20160629 プレジデント大阪セミナー 配布資料

 

イベント名:第4回ストックビジネス実践会 ご案内

基本的な流れは、著者大竹啓裕が相談者のビジネスを

ストックジネスに転換するプロセスを参加者の目の前で行うという

トークライブ形式です。

 

参加者の皆さんも、自分ケースに当てはめながら知識を深め

ていくことが出来ます。

理解を深める為に一部にワークも取り入れます。
毎回、実際に事業を行いストック化を模索している経営者
に登場していただき、リアルなコンサルが繰り広げられる

様は真剣勝負そのものです。

ストックビジネス発想法をつかい構築するプロセス、考え方

のコツをがリアルに知ることができるという貴重な機会です。

 

ストックビジネス実践会の趣旨はこちら

 

【モデルクライアント発表】

第4回は中国貿易会社を経営する女性社長です。

貿易業務のなかにストック要因がどれだけ見いだせる

か、他の業態にも参考になります。
期 日 :7月6日水曜日
時 刻 :19時より21時  開場18:30
人 数 :定員18人まで ※満席御礼※
料 金 :初回 10,000 円(一般の方 )※税込です。
2度目以降は8,000円
 
場 所 :カフェ・インスクエア
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル6階

 

お申し込みはこちらから

 

※満席で参加できない方は、次回8月3日開催予定をお申し込みください。

尚、予約ページは7月8日一般公開予定。

 

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.