【事例研究】(前編)アドビシステムズが一気に移行出来た理由 

【事例研究】アドビシステムズ

どうしてあの会社はうまくいったのか?

ストックビジネスの教科書プロフェッショナルゼミでも

成功例として度々話題にあがるのが2013年から既存サービス

を止めて一気にストックビジネス化したアドビです。

絵に書いたようなイノベーションはまさに創造的破壊の見本です。

 

アドビ ⇒ アドビクリエイティブクラウド

 

これはビジネススクールでも代表例となるでしょうから、

私も事例研究しようと思っていましたら、今週の日経ビジネスで

も特集が組まれていて、ちょうどいいタイミングなのでそちらの

引用もいれながらやってみます。

興味深い内容ですので(前編)は事実からの解釈、(後編)は

ストックビジネスの教科書のフレームからポイントの解読してみます

すると、大企業のなかにも中小企業が応用できるヒントが見えます。

 

 

アドビは2013年夏に原則パッケージ販売を終了し、

現在ではクラウド経由でソフトウエアを入手して利用

する月額課金制に移行。

既に約230万人の有料会員がいるという、商品をクラウド型

のストックビジネスに移行するというがじつに上手い。

p2_0328

日経ビジネスより

 

慎重にタイミングを計り理解を得ること

パッケージソフト販売終了に踏み切る前には、何度も

試験を繰り返し、オーストラリアで試験的に課金制を

導入したり、米国でパッケージ版とクラウド版を並列で

運用する期間を設けたりしながら、ユーザーの動向を

観察しながら、これは行けると踏んで13年に一気に

クラウドに移行しました。

 

実は、この移行によって海賊版問題も解決するという

隠れたメリットもあると言われています。

 

約10万円の高額ソフトを月々980円から始まる料金に

一気に移行するというのは短期的にマイナスも克服

しなければ大変なことになります。

その点アドビの場合には10万円以上のソフトでは購入を

ためらう人も、月々980円からであれば「今まで購入を一度

も検討したことがなかったような人がサービスを利用する

ようになる」(ルネスCMO)。事実、現在の有料顧客のうち

3割は今までアドビ製品に接触したことのない顧客だそうです

p4_0328

p6_0328 シャンタヌ・ナラヤンCEO

その結果、課金形態や事業の柱が変わった

p3_0328

 

4つのカテゴリーでストックになりやすいかがわかる

ストックビジネスを構成する要因を4つに分けることで

このストックビジネスはうまくいくかどうか指標ができます。

 

その視点でアドビの事例を解読すると、

 

立ち位置はコンテンツ製作者であり提供者でもあります。

 

【カテゴリー4分類の変化】

①借りる  × 

②認める  - アドビ認定

③改善する ×

④消費する 〇バージョン陳腐化

 

この状態から下のように変化したわけです。

 

①借りる  〇 クラウド化

②認める  - アドビ認定

③改善する 〇 デザイン解析+データ保管受渡し

④消費する ×

 

この分類分けの考え方は、現状の商品サービスを

ストックビジネスに変えようとするときにわかりやすく有効です。

今回は最も強力な「借りる」「改善する」にフォーカス

していくプロセスが見えて非常にいい事例になりました。

 

今日はここまで。

(後編)は次回お届けします。

 

今のビジネスをストックビジネスに移行できないか?と

思っている方は、ためしにストックビジネス実践会に

参加してみるのがいいと思います。

毎回1つのサービスをテーマに、公開トークライブで

ストックビジネスに変えるにはどうすればいいかの答えを

探ります。

起業支援のインスクエア、オリジナルメニューです。

一般の方も参加できます。

 

【開催内容】

イベント名:ストックビジネス実践会

ストック化について相談希望のお客様一社を選ばせて

いただき、ストックビジネスを構築していくコンサルを

公開トークライブ形式で実施します。

 

リアルに深く掘り下げていきますので、まさに公開コンサル

ティング、実際にそのまま会社の運営に活かせる内容です。

 

基本的な流れは、「ストックビジネスの教科書」著者大竹と

、「人生計画の専門家」安田の2人が相談者のコンサルを行う

トークライブですが、参加者の皆さんにも知識を深め、

考え方を理解していただく為にワークも取り入れます。

 

今回の相談者は人材紹介業です。

紹介業や仲介業はまさにフロービジネスの代表格ですので

皆さんがストック化を考える参考になることは間違い

ないでしょう。

尚、同業者の参加はご遠慮下さい

 

期   日:4月7日木曜日

時   刻:19時より21時  開場18:30

人   数:定員18人まで

料   金: 10,000 円(一般の方 )※税込です。

場 所:カフェ・インスクエア

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル6階

 

※実践会のお申し込み詳細はこちらからお願いします。

http://www.reservestock.jp/events/111858

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.