第1回「ストックビジネス実践会」募集開始

「ストックビジネスの教科書」は昨年10月発売ですが、ただいま4重版18000部のヒットとなりました。これも皆さまのおかげと感謝いたします。

全国から沢山の反響をいただき、あらためてこの分野の専門家として更なる進化を続けようと思います。

 

 

私は企業経営者ですので実践が全てです。

本の発売からも半年も経たずにストックを強靭化するチューニングをしています。たとえば、既存のストックビジネスである会議室事業の継続率を高める為にカフェ・インスクエアという店をオフィスビルの6階にオープンしました。そして一方では、大人のレンタルオフィスインスクエアでストックビジネスの教科書を軸とした起業家支援事業なども準備しています。

チラシB5 JPGFB表紙用

 

 

経営サポート体制|池袋・上野・横浜関内のレンタルオフィス・バーチャルオフィスのインスクエア

 

ストックビジネス構築のケーススタディーを多数作る

 

さて今日の本題です。

 

実は、前々から温めていた考えがあります。

 

ストックビジネスの教科書にとって最も大事なことは、実際にストックビジネスが作れることです。

 

「ストックビジネス思考」は、あらゆる業種に当てはまりますが実際にやるとなると事業ごとに強みと市場将来性が違いますのでより多くのケーススタディーを研究して再現性を高めていくことが必要です。

 

 

この実例を積み上げていく「場所」を作りたいと考えていたところ、ストックビジネス思考と同じ長期的視点を重要視する価値観が同じ「人生計画フォーラム」主宰者安田代表と一緒に公開コンサルを開催することにいたしました。

 

 

私が経営する「大人のレンタルオフィス インスクエア」では4年前から一部の企業に対してストックビジネスの構築法を指導して実績も出ていますが(本書でも事例として掲載しました)多岐に渡る業種というわけには行きませんでした。

 

 

あらためて、なぜ人生計画フォーラムを選んだのかですが、

 

人生計画フォーラムの特徴は、夢を目標に変えて、裏付けのある計画を作り、具体的な行動に落とすための長期計画「人生計画書」の活用という意識の高い集団です。私は、安田氏が主宰する人生計画フォーラムの一期メンバーから参加しているのですが、実に前向きな質の高い方々の集まりです。

まさに長期的な価値観が同じ。

 

ストックビジネスの構築は、長期的視点で事業を見直すことから始まり、その目的は事業を成功させて夢を叶え幸せな人生を手に入れるためです。この部分の価値観が同じですので、私と安田氏はこの実践会を通じて、参加者の皆さんに長期的な事業の成功と、幸せな人生を手に入れる為の気づきを提供したいと考えました。

 

安田修氏が主催する「人生計画フォーラム」についての詳細はこちらから

http://www.sy-br.co.jp/forum/

 

 

「ストックビジネス実践会」公開コンサル構想

 

さてこの公開コンサルの名前は「ストックビジネス実践会」です。

コンサルティングのページから

 

 

今の商品サービスをストックビジネスに転換したいという悩みを持つコンサル希望者を募り、みなさんの目の前でストックビジネスを構築するプロセスをお見せします。

 

 

・その商品サービスの立ち位置は?

・リソースは?

・長期的優位性は?

・長期的な課題は?

・ストックビジネスになり得るか?

・構築までのポイントは?

可能性を探し完成までの手順をアドバイスいたします。

 

これはそのまま、他の参加者のヒントになるはずです。

私はインスクエアの利用者だけは経営指導を破格で行いますが、

一般公開でここまでやったことはありませんん。安田氏からの

この内容提示には正直なところ驚きました。

無論、やるからには手抜きは一切いたしません。

 

 

【開催内容】

イベント名:ストックビジネス実践会

期   日:4月7日木曜日

時   刻:19時より開始     開場18:30

人   数:定員18人まで

料   金:

    一般の方       :参加費 (10,000 円)

    会員・入居者からの紹介:参加費   (5,000 円)

    人生計画フォーラム会員:参加費   (3,000 円)

    インスクエア入居者の方:参加費   (1,000 円)

                ※いずれも税込です。

場 所:カフェ・インスクエア

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル6階

 

※お申し込み詳細はこちらからお願いします。

http://www.reservestock.jp/events/111858

 

111858_大竹社長写真(横)

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.