事業短命の処方箋

私は最近確信したことがあります。

 

 

事業とかサービスの寿命が急激に短くなる一方で、

人の働く年齢は年々長くなる、

仕事をやめにくい社会

今の仕事何歳まで続けられますか?

もし健康を害したらどうしますか

この現実にフロービジネスでは耐えられないということです。

 

 

10年から20年続けてくるとその仕事の限界が見えて来ます

 

 

昔も10年後はわからないと言いながらも

サービスの寿命は10年から20年はありました。

 

でも今は違います。

 

何でも安く便利に使えるようになったことで

参入障壁が劇的に低くなってきました

 

その結果、商品サービスの寿命が10年以上は短くなったと思います。

 

事実、私の提供しているサービスの一つに

レンタルオフィスがありますが、もともとは

気長に20年30年以上はやれた事業の一つです。

でも上位事業者2社が事業譲渡しました。

つい数年前まで会社案内に業界1位とも書いていたのにです。

 

働く期間が10年延びて、商品サービスの寿命が10年縮む

どうすればこの20年を乗り越えられるか、

 

 

大竹さん、そんなの先で考える話じゃないですか?

 

 

今からは、

事業を立上げながら、毎日汗しながらも

一方で事業の寿命を延ばすことと、次の事業の種

を探すことをしていないと、もう間に合わないでしょう。

 

 

例えば30代で起業して引退が80歳(笑えない事実)

50年間通用するものはありませんね

生涯1スキルで幸せに終えるなどという事は100%ない

もしあるなら、経営者というスキル。

事業を作り変えて行くスキルでしょうか。

 

 

だから、私がアカデミーで教えることには意味があります。

 

事業が短命になっている現実に立ち向かうには

活かせる情報が入る場所と、

安心して話せる仲間が必要です。

 

一般にビジネス事例から学ぶ学校が多いですが、

中小企業の場合はそのやり方では遅すぎる

作りながら学ぶ

今作る過程を共有して、チューニングする過程を共有するです

 

そこでは、

私も一緒にその構築に関わり、あなたも一緒にそれを見て学ぶ。

 

 

まず今の事業の「資産価値」はっきりさせることから始まります。

 

 

一見儲かっていてもその事業の資産価値が0円と言われたら

ショックを受けませんか

 

私は10年前、売り上げ3億の時に、

有名投資家から0円宣告をされて衝撃を受け、

目覚めてストックビジネスを作りました。

 

 

事業を資産に変えるという意味・・

これが解ると何をどうすればいいのか初めて気づきます。

これが本当に重要で、ストックビジネス体験会でお伝えします。

 

 

事業で収入を得ながら、事業そのものが資産に

なっていくのがストックビジネスです。

 

 

資産価値が変わらない事業オーナーと

資産価値を生み出す事業オーナーの違い

 

 

収入を得ながら社長が元気なうちに、

資産価値を生み出す事業オーナーになるワンチャンス。

これがストックビジネスを学ぶ意味です。

 

 

これが事業短命化の処方箋です。

 

 

今回のストックビジネス体験会は、構築の体験ワークに

重きを置いたことで、参加者の声がすごくいい

 

この体験会があなたの事業の処方箋になれば最高です。

 

 

私もずいぶん自己投資をしてきましたが

数ある自己投資の中で、ストックビジネスの学びが

コストパフォーマンスが高いと確信するのは

その出来たときの資産価値がとてつもなく大きいからです

それも1回体得すれば何度でも使える

事業短命の時代なら何度も使うことになるでしょう。

 

 

8月7日大阪会場でお会いしましょう

(8月までの東京会場は満席になりました)

 

 

◆7/20(金) 満員終了

◆7/25(水) 満員終了

◆8/2(木)  満員御礼

◆8/7(火)【大阪】第1部 空きあり

◆8/7(火)【大阪】第2部 空き少し

◆9/4(火)【東京】空き少し

 

『ストックビジネスマスター講座体験会』



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.