大阪でさらなるリピート向上を確信した!

9月1日。

大阪駅前に念願の新コンセプトの会議室を作りました

 

アットビジネスセンタープレミアム大阪駅前

 

 

JR大阪駅の目の前。

大阪で大型会場の3か所目になりますが、

お客様がリピートしてくれる新コンセプトにこだわっています。

現在、東京と大阪の会議室リピート率はどこも60%を超えて

70%を超える会場も増えてくるという、まさに良い状態

を維持しています。

 

しかし・・・

 

とはいうものの

業界的には競合がひしめきあうレッドオーシャンであることは

間違いありません。

私のつくる事業はレッドオーシャンが以外に多いのですが

経験上、マーケットが見えないブルーオーシャンではなく

レッドの中の空白地帯が一番成功率が高いとの思いがある。

ここにはストック作りのコツがあります。

 

今日はオープンしたての会議室の実例からコツをお伝えします。

 

競合が多いので、つねに選ばれる存在で居なければ

あっというまに脱落していくだろうと危機感はいつもあります。

 

さて今回の大阪では強いものをより強くということで

国内で一番リピート率の高い大阪エリアで最高値の更新

にチャレンジ。

その為のチューニング「圧倒的に来場者に選ばれる会議室」です。

 

例えばセミナーに参加した方が、

「ここ良いですね、次回もこの会場にしてください」

言わせる仕掛けに意識を集中して、いままでと同じものを

作らない。

 

 

【リピートの仕掛け1】 

「本格的なカフェの出先を設置しかも、飲み放題」

池袋駅前の会場には「カフェインスクエア」という

厳選した挽きたて豆にこだわり、味にこだわった

カフェが入っています。

ここは都内で一か所しか焼けない酒種麹を使った

ホットサンドも美味しいお店ですが、

 

その「カフェインスクエア」がブランチとして

スタンディングスタイルで入ってもらいました。

まったく同じ厳選豆で挽きたてコーヒーを

出しますので味も再現しています。

厳選コーヒー、カフェラテ、アメリカン、日本茶、紅茶、昆布茶まで

フレーバーも多種ご用意しました。

定価も250円でようやくやっていける品質ながら

なんとこのカフェは無料飲み放題なのです悲しい

よくあるドリンクコーナーではない本格的なスタン

ディング・カフェを楽しんでもらう。

 

【リピートの仕掛け2】

主催者に嬉しい部屋専用の受付カウンターがついています

廊下の隅で受付って嫌ですね。

そこで品格を落とさない仕組みとして専用の受付を設計しました。

その受付横に電源はもちろん、受付に必要な小物までも用意しています。

 

【リピートの仕掛け3】

「あっ! あれ忘れた・・・」

ご安心ください。

なにが起きても安心してセミナーや会議に集中できる

ようにあらゆるものが用意してあります。

アダプターなどの備品はもちろんです

例えば講師のかたに登壇前にリラックスしてもらう講師セット

写真を撮りたいときに綺麗に写るための小物(レフ板、自撮り棒、

もちろん無料で撮影もお手伝いします)

などなど余計なものまで盛りだくさん、下の内容も

ほんの一部です。

仕掛けはまだまだありますが、

ポイントをまとめるとこんな感じ。

 

会議室事業はストックビジネスですから経営の

コツは(粗利×新規×リピート率)です。

 

これが解れば迷うことがありません。

最重要指標のリピート率(継続利用率)を上げる為の

ヒントを他のストックビジネスの成功事例から移植。

 

毎回、新会場でリピート率最高値更新を狙うための

こうしたチューニングを繰り返す姿勢以外に常勝する

方法は無いと思うんです。

これが私たちの生命線。

 

ちなみに今回の会場は、私の仕事はストック思考から

基本的なコンセプトと考え方を伝え、あとは開発部署

と運営部署が激論繰り返しながら、タイムリミット

ぎりぎりまで妥協せずに作りあげました。

ほんとうによくやってくれたと思います。

 

 

 

最後に・・・

 

ここにどうしてもここに書けない

必殺裏メニューを用意してあります。

 

特にセミナーを開催する方には思わずうなってしまう

笑えるくらいの裏サービスです。

これをやれば絶対にリピート率が上がる!!

 

「いくらかかってもいいから、早急にやってくれ!」

たまらず

今日もまた言いましたが・・・もうすぐ配備の予定です。

 

先着100人、なんと業界初の永久サービスです

ヒントは「絶対に減らないボトルキープ」

それも全品違う銘柄です。

もうわかった方もいそうですね。

img56584717

実は、きっかけは社員が言った一言でした

 

社員:「社長がいうこれは、これはお客様に価値ありますか?」

 

私:「たしかにそうだ! だったら100%継続的な価値は

  反対のことをすればいいんじゃないか!!」

  「ついに見つけた!!」

 

こんなやり取りが一番ワクワクします。

 

というわけで、この答えはSBAの教材にしようと思います。

ライバルに知られないように。(笑)

 

アットビジネスセンタープレミアム大阪駅前こちら

 

 

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.