映画「ファウンダー」から見る立ち位置と権利

アメリカ マクドナルドの創業者と言えば

レイ・クロックと思われていますがそのレイ

・クロックがマクドナルド兄弟を出し抜いて

マクドナルド帝国を築くまでを描いた「ファウ

ンダー ハンバーガー帝国のひみつ」を観ました。

 IMG_7093

 

実は「ストックビジネスの教科書」制作の編集

会議のなかでもこのレイ・クロックを例に挙げ

ようかという話が出たくらい彼のフランチャイズ

帝国をつくる過程というのは、ストックビジネス

を語るうえでも、実に参考になる部分があったのです。

 

 

もともと原作「成功はごみ箱の中に」はユニクロの

柳井氏、ソフトバンクの孫正義氏も絶賛していまし

たので、実に興味がありましたが、ビジネスマンなら

必見ですね。

 

 

52歳で、ダイヤモンドの原石となるマクドナルド

1号店を見つけて全てをなげうってゼロからFC

加盟して行くのですが、主演マイケル・キートン演じる

「どこまでもえげつない金の亡者」的な部分は好き

嫌い分かれるところでしょうから、置いておいて。

またこれから観る方のためにもポイント以外に解説

は控えます。

 

200店舗以上のラーメンFC本部の創業期を経験した、

私としては、まさに実体験として同じようなことを

してきましたので、そんな視点でビジネスポイントを

伝えたいと思います。

 

1 自分の立ち位置はどこか

FC加盟者の一人という立ち位置からのスタート、だれよ

りも実直にマニュアルを実行する姿勢、でも資金繰り

が厳しい現実。

まさに加盟者である限界がきました。

 

でもFC加盟契約書で権利はガチガチに決められている。

普通はここで諦め出店速度を遅め資金繰りを優先す

るでしょう。

 

この立ち位置を脱出するのが「契約の及ぶ範囲」

に気づいたこと。

飲食のFCはデザイン、店舗設計、商品、オペレ

ーションまでです、不動産契約までは及びません、

そこに突破口を見出す。

  

2 事業領域を拡大

本業の周辺事業にもビックビジネスの可能性があります。

今回はFCでの店舗開発が不動産業に発展して金融

事業になるのですが、まさにストックビジネスを構築

するセオリーです。

 

 

「いまさら不動産にはこんなチャンスないでしょ」

 

私も聞かれましたが、今回は不動産業が良い。

という話ではなくて、あんたの本業のまわりに、

または、本業の中の機材や材料などの中にストック

ビジネスのネタ(貸せるもの、消費するもの)はな

いか考えるヒントになります。

  

3 ビジネスは執念

マクドナルドの商品力は最高だったとしても・・・

考えてください。

 

 

もしレイ・クロックが存在しなかったら、だれかが

今のマクドナルドを作れただろうかということです。

 

たぶん、

田舎の有名店で終わったことでしょう。

 

たしかに、あたかも奪い取ったような形に見えますが

が早期からFCに真摯に取り組み、多店舗への人材確保

を行うあたりは経営者として本物の力を感じます。

 

冒頭のシーンで、安モーテルに泊まりながら「成功

法則のレコード」を聴いていましたが、当時の52歳

といえば引退も近い年齢です。

私は、このシーンに彼の本質つまり執念を感じました。

 

FCビジネスはストックビジネスの古典のように思

われがちですが、この映画のなかでのビジネス思考

は今でも活かせます。

 

活きたヒントとしてこの映画ぜひご覧ください。

 

【ファウンダー】ハンバーガー帝国のヒミツ

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.