インスクエアから新しいストックネタが生まれた。

ストックビジネス「インスクエア」の生み出す化学反応。

インスクエアの利用者(倉川社長と佐久間代表)同士で

新しい商品を作ってしまう。
「イスラム教徒の女性に対応したシェアハウス」とは実に面白い発想です。

 

不動産とインバウンドビジネスの新コラボレーション

インバウンドはいまや円安下で安倍政権の看板制作

つまり2020年のオリンピックまでは伸び続けます。

将来市場は7000万人とも言われています。

 

そのなかで、イスラム教徒(一般にムスリムという、ムスリマは

イスラム教徒の女性をさします)は少数派ですが、世界的な

トレンドではもっとも人口が伸び且つ、経済規模の伸びも

大きいと言われる。

 

 

今すぐに日本に現れる市場ではないが、将来は実に可能性

を秘めています。

 

トレンド ✖ ニッチ  インバウンド ✖ ムスリマ 

 

これは、弱者の戦略と言われるランチェスター戦略の必勝法を思わせる。
今回のこのアイデアぜひ聞きたいと思う。

 

発表会 11月17日 17時~ 

【ハラルセミナー&交流会】
~ 東京のアパートの状況とムスリム住宅
  日本初 ムスリム対応アパートとは? ~

 

インスクエアのビジネスラウンジは日頃から、交流が生まれますが
 

07

この2社、不動産コンサルの賃貸住宅サポートセンター株式会社
イスラム市場マーケティングのハラル・ジャパン協会は、いつも
ストックビジネスについて語り合っている勉強仲間です。

本当なら、私が出さなくてはならない気づきですが、

いつの間にかビジネスラウンジの雑談から生まれたみたいです。

 

インスクエアからまた新事業が生まれた瞬間でした。



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.