合法民泊はストックビジネスか!

エアビーアンドビーを知らない人はほぼ居ない気がします。

民泊という言葉もだれもが知るところとなりました。

では、民泊が非合法という話はどうでしょうか?

 

噂では聞いているし、旅館業法でしょ。。

 

あなたもここまでは聞いているかもしれません。

 

では。。

合法民泊は知っていますか?

合法民泊を行うとどうなるの?

合法民泊ってやっている人の話は聞いたことがない。

 

もし周りの方聞いたらこんな感じだと思います。

合法民泊についてのプロが少なすぎます。

 

住宅会社の方に尋ねます

家を建てるときに合法民泊対応してほしいといわれて

答えられますか?

 

前置きはこのくらいにして。

 

 

さて、 3月10日の日経新聞の記事 閣議決定です。

「政府は10日の閣議で、住宅の空き部屋に旅行者を有料で

泊める 民泊を全国で解禁する住宅宿泊事業法案(民泊新法案)

を決めた。 家主に都道府県への届け出、仲介業者に観光庁へ

の登録を義務づ けて、だれでも民泊事業を営めるようにする。

年間営業日数の 上限は180泊とし、地方自治体が条例で短く

できる規定も盛り込んだ。」

日経新聞の記事はこちら 

96958A9E93819481E3E29AE2E08DE3E2E2E1E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO0391833022062016000003-PB1-4

 

私が深くかかわるユニークな団体に

 

「不動産活用ネットワーク」というのがあります。

 

 

メンバーは不動産資産活用のプロ10社。

上場企業も中小企業も参加する不動産の有効活用

を熱心に実践する企業の集まりです。 かれこれ4年

以上活動していて、今年からは私が 代表をさせてい

ただくことになり、今も積極的に 活動しています。

 

 

昨年はメンバーの一社、株式会社フィルカンパニー

上場 しました、駐車場の空中を有効活用している

ユニークな ビジネスです。

 

それくらいどの会社も業界を代表できる会社です。。

そんな、いつも時代の先を研究している団体

合法民泊に関して本気のセミナーを開催します。

 

民泊についてはどんな会社でも勉強しておいたほうがいい

というのが私の考えです。

IT企業も飲食業も建設業もみんなです。

 

 

大竹さん、あれも学べこれも学べって多くないですか?

 

ストックビジネスを考えるなら自分の業界のことばかり

考えてもダメですよ。長期的視点を養う必要があるし

仮に参入しなくても社長はアンテナを張っていないと

ダメです。

 

大事なのは、本当の意味や本質的な価値を正しく

教えてくれる情報源です。

私はそのためにはお金を惜しみません。

時間短縮とチャンスが増えるんですから。

 

あらためて言いますが。

 

日本の不動産は世界に稀に見る超巨大なストックです。

707ba17c7ef8d9ef08b39ef314adf4322

高度経済成長期に合わせ、最初の東京オリンピック

を皮切りに今まで巨大な不動産(ビルもマンション

も住宅も・・) の山を築いてきた。

 

でも最近では空き家問題とか言われるように それは

活かしきれない。 老朽化ているものも沢山あります。

 

そんな、「活用されない不動産の山」になりつつあるとも

いえますが 私たちの団体では、年に2回、毎回その

ときに話題と なるテーマでイベントを主催しています。

 

今回の テーマは実に面白い。

 

「不動産オーナーが始める合法民泊ビジネス」

 

個人の民泊ビネスではなく、不動産オーナーが 本気

で取り組むべきビジネスかどうかを明らかにすると

いうものです。

 

実は民泊はエアビーアンドビーに代表されるように

シェアリングエコノミービジネスとしてここ数年

個人の副業的な位置づけで注目を集めていました。

 

成長の期待できるそんなHOT市場に国は水を差すのか、

はたまた油を注いで一気にマーケットを作るのか?

ここは検証する必要があります。

 

 

もしかしたら大チャンスかもしれないし、将来の

リスクかもしれない。 大切なのは、噂話などに

振り回されずに正しく学ぶ こと。経営者として

的確な判断をすることですね。

 

 

つい先日 民泊の撤退を請け負うサービスを開始した

会社も出た そうですが、もう業界はぐちゃぐちゃ

に見えますね。

 

一方で、

乱に利あり、ここを大チャンスと狙う資本家もいます。

 

今回の企画は、 そんな微妙な課題に、プロが答える

という企画です。

ポイントは合法民泊は事業として成り立つのか?

 

ここに切り込んだ話ができる会社少ないんですよ。

 

 

継続性と収益性が確保されれば民泊もストックビジネス

ですし、今が入り口になりますが、実際に事業者が

取り組むには入ってくる情報が少なすぎました。

 

今回は、

合法民泊の許認可取得編と実際に合法民泊

を 経営しているオーナーとその運営者が話をすると

いう これ以上リアルな話はないだろうという企画です。

 

 5月13日(土曜日)14時開始

「不動産オーナーが始める合法民泊ビジネス」

【社内印刷用】不動産セミナーチラシ170513表ページ【社内印刷用】不動産セミナーチラシ170513裏ページ

不動産オーナーははここで学んで経営判断基準を作り

ましょう。

※この企画は不動産オーナーを対象にしたものです。

 

申し込みはFAXか、こちらのフォームからお願いします

http://go.at-office.co.jp/l/73352/2017-03-07/7c9scg

 

 

セミナーのパンフレットはこちらからダウンロード出来ます。

http://www.fudosan-katsuyou.net/files/20170513.pdf

 

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.