日本に眠る宝の山を攻略しろ!

私の中で今最もHOTな情報といえば

 

3月20日に配信予定の〝事例解読レポート″

「クラブツーリズムの解読」

 

事例解読レポートV1 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月11日開催予定の〝注目企業訪問″日本初!!

中高年専門パーソナルトレーニングジム

「心身健康倶楽部」のことだろう。

 

 

二つに共通しているのは、ターゲットとしている市場が

「中高年」「シニア」という点

 

 

日本を見たときに、もう終わっている国だという方も

いますが、私には宝の山に見えます。

 

1954年高度経済成長期のスタート時点からいままで

63年の間に平均寿命は約16歳延びている。

(2)将来推計人口でみる50年後の日本|平成24年版高齢社会白書(全体版) 内閣府

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今からの予測では病気の克服とMNMによって

30年後には100歳を超えて、その時には健康で元気に

いられるのは90歳になるという。

(平均寿命100歳超えはNHKスペシャルこちらを参考に)

NHKスペ

 

 

 

 

 

 

 

 

健康に働ける時間が、今よりも20年も伸びる可能性って

ところに注目しています。

それも、わずか30年の間に実現する。

 

ずいぶん前からシニア市場のことは注目されていますが

健康なアクティブシニアを対象にした事業では、クラブ

ツーリズムが最も成功した事例として研究する必要が

あります。

 

 

「それでも、「儲からない」ツアーを実施する訳とは?」

では、なぜこのようなツアーを実施するのでしょうか?

 結果的は儲からないツアーを開催して継続的に

利益を上げる仕組みを作っている。

その答えは事例解読レポートで解きました。

 

クラブツーリズム 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントをまとめると。

ポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上記のポイントは事例解読レポートより抜粋)

※「事例解読レポート」はストックビジネスアカデミー会員限定

コンテンツです。

 

 

さてもう一つの注目企業

日本初!!中高年専門パーソナルトレーニングジム

「心身健康倶楽部」は、同じ市場を「筋肉」にフォーカス

したときに何がこれから起こるのかに着目したビジネス

モデルです。

header01-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RUST構築法のストック思考で解読するなら

 

長期的視点は

・高齢化

・社会保障とくに医療費負担の増大

 

ここに対するイノベーションということになります。

Social_expenditure_of_Japan.svg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日、

「高齢者の筋肉が100g増えると年間25万円の医療費負担を

減らせる」という発表をした方がビジネスプランコンテストで

優勝しました。

 

 

「人生は筋肉だ!」

心身健康倶楽部の枝光オーナーの座右の銘ですが

この言葉が日本を救う可能性、夢ではなさそうです。

 

注目企業を訪問して現場を見学した後は、枝光オーナー

から直接の解説と、私がストック思考で切り込むトークセッ

ションと盛りだくさんの企画が始まります。

 

 

この大竹啓裕と行く〝注目企業訪問″

日本初!!中高年専門パーソナルトレーニングジム

「心身健康倶楽部」は、次回のビジネスレター

(3月21日号)にて会員先行募集開始いたしますので

お待ちください。

一般の募集は3月28日からです。

 

 

尚、参加を検討される方は下記の日程は押さえてください。

4月11日(火)16:50集合

場所:東京都 JR四谷駅徒歩5分

「大竹啓裕と行く〝注目企業訪問″日本初!!中高年専門

パーソナルトレーニングジム「心身健康倶楽部」」

注目企業訪問の内容はこちら

 

 

(お詫び)

いよいよ3月16日第1回ストックビジネス実践会

開催されます。内容はこちら

 

第1回ストックビジネス実践会ですが、応募多数の為に

会員様のみの開催とさせていただきます。

 

当初は一般の方も参加できる構想でしたが、実践会の

品質を維持するために人数を限定しておりました。

結果的にアカデミー会員だけで満席となりました。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

アカデミーパルテノン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SBA環境の概念図

 



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.