ストックビジネスで圧倒的な世界一!
孫正義氏の野望

SoftBankの歴史に、

 

また、とてつもないストックビジネスが生まれました。

 

 

「ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収」にニュースは

43%以上のプレミアを乗せて3.3兆円もの大枚をはたいた

ことに批判もありました。

yo_sa01 (2)

 

しかし、ここに来て専門家から、

この買収劇の将来価値への高い評価が伝えられます。

 

0718_softbank0220160718-00060119-roupeiro-000-4-view

 

 

ARM買収発表の少し前に

 

「僕のわがままでもうちょっと社長を続けることになった」

というニケシュ・アローラ副社長の退任劇があっただけに・・

 

 

恥ずかしながら、

ARMの買収の本質にも気づかずに、

 

ああ、孫さんも未練に負けて焦ったか・・・」

 

などと、複雑な思いでした。

 

 

日本でストックビジネスをもっとも知り尽くした男

として孫正義社長の軌跡を話している私でさえも

この買収劇の本当の価値には気づきませんでした。

 ソフトバンクのストック化の歴史

 

 

 

半導体ジャーナリスト微細加工研究所の所長湯之上隆

によれば

 

 

「スマホは現在、年間で約15億台出荷されているが、

そのうち、約90%がARMのIPを使っている。

これに伴って、ARMには、次のような収入が入ってくる。」

 

「まず、アップルやクアルコムなどからライセンスフィーが

収入として入ってくる。次に、ARMのIPを使用したプロセ

ッサが搭載されたスマホが売れるごとに、スマホメーカーから

「1個いくら」というようにIP使用料が入ってくる。」

 

「ARMのIPに対する税金のようなものと考えれば良いだろう。

この税金は、10円程度であるらしい。」

 

 

 

言ってみれば税金のように入ってくるわけですが一個10円

 

 

わずか一個10円ですよ

 

 

現在のARMの収益だと今回の3.3兆円の回収に

50年かかると酷評された所以です。

 

 

 

でもここでプロセッサを牛耳っているインテルとの

出荷量比較を見て衝撃を受けました。

 

img_e5a9249fd80a2f81c4482202c7d362b746741

図1 インテルとARMのプロセッサ売上個数

(出所:Michal Copeland「帝国の逆襲」、WIRED.jp VOL.6、

 45ページ等を参考に湯之上 隆氏作成)

(引用元:「恐るべき孫正義、英ARM買収で「世界制覇」へ前進」JBPress 筆者:湯之上 隆)

 

 

ストックビジネスで圧倒的な世界一!

 

この数の圧倒的な差

PC時代の王様インテルもスマホになるとシェアは

圧倒的にARMに移っている。

 

このグラフを見ると、「10年前から欲しかった」という

孫正義氏の発言の意味が理解できますね。

 

さらに湯之上隆氏の未来予測によれば、IoT時代の

到来により、プロセッサとセンサーの普及は天文学的な

数に上る模様で、

 

2045年のARMの収益は125兆円

 

125兆円ですよ!!

 

 

開業初期のころ、ソフトの卸で事業を拡大した

孫正義氏にとっては、ストック型のインテルやマイクロ

ソフトのビジネスモデルは理想形だったと思います。

 

 

その後、着実にストック度合いを強めながら事業転換

しながら拡大してきた最後?の大勝負がまさにARM買収。

 

 

「ネット社会の根源を握る圧倒的な世界一になる」(日経新聞7月20日)

 

孫正義氏のこの発言に、日本人として誇らしいと

思うのは私だけではないと思います。

 

 

 

本内容に興味を持った方ぜひ湯野上隆氏の

恐るべき孫正義、英ARM買収で「世界制覇」へ前進」をご覧下さい。

 

 

 

(引用元:「恐るべき孫正義、英ARM買収で「世界制覇」へ前進」JBPress 筆者:湯之上 隆)



関連企業


Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.