ストックビジネスアカデミーのご案内



★ストック思考®が自然に身に付く環境★
SBA LOGO FIX+ol 20170121-01

コンテンツ【無料】サンプルもご用意しています。

 

ストックビジネスアカデミーは、日本初のストックビジネス専門の実践型学習環境です。

いままで自社のビジネスだけを行ってきた私にとって、大きな刺激となり、多くの気づきを得るきっかけが出版と指導です。そして、その体験のなかで

 ストックビジネスは意志なき所に自然には生まれない。

 でも意図して作ることは出来る

 

これは、自分の事業だけを見つめていいては全く考えもしなかった気づきでした。

ストックビジネス構築に関する様々な相談に応える中で、ストックビジネスの構築方法の体系化が出来たのです。

その後、ストックビジネスアカデミー構想を具現化するために合宿などを重ねて、出た答えが

 努力よりストックビジネス思考の環境に身を置く

というものでした。

 

いくら体系的に学んでも自分の身になり、事業に活かせなければ意味がありません。

この確立したストック思考®を多く方が活かすにはどうしたらいいのか・・・

 「いい環境に身を置くことが成功の要因」

とはいいますが、外国に言って英語のシャワーを浴びるような環境だと一気に英語が身につくように、ストック思考に触れる環境を提供できればそれが一番かも・・・というのが合宿で得た最大のヒントでした。

 

 

ストックビジネスアカデミー構想

ストックビジネスという言葉を耳にする機会が多くなっていますが、まだまだ知る人は少ない状況です。でもこのシステムの歴史を紐解けば、現在の大企業、地元の優良起業の成長期を作り上げたシステムであり、まさに安定成長事業はこのシステムの上に築かれています。

 

このシステムを作ることができた経営者は、その後代々に渡り収益をあげ続けて資産を築き多角化をしてきました。そして、驚くことに最近では個人でさえも構築できるインフラが提供され成功者が出ている。ではどうして今頃になってもてはやされるのか?

 

そもそもこのシステムの原理を体系的にまとめたものがなかったからです。

そして、実践している経営者は儲けの原理を口外することもありませんし、実はその経営者自身、それがシステムだという認識を持っていません。

 

ストックビジネスアカデミーは、数多くの事例解読や実際の経営から得た知見を体系化してつたえることで、経営者がストック思考を身につけ、意識的に事業をストックビジネスにしていくことを実践するための環境を提供することを目指しています。

 

学んだことを実践し改善する独自の循環プログラムで、あなたのビジネスに安定と成長を提供する環境、それがストックビジネスアカデミーです。

 

パルテノン

 

 

           ※ストックビジネス構築のシンボリックイメージ

 

気づけばストック思考®が身に付く・・・「環境」と「実践」

ストックビジネスアカデミーでは、ストック思考を身につけることがストックビジネスを構築でする確実な道だということで、ストック思考に触れる「環境」を提供します。

気づけば「いつの間にかストック思考で事業の判断が出来ている。」「会議や打ち合わせの会話も変わってくる。」これこそが環境の効果、プログラムを経験した方全員から聞こえてきます。

 

 

オンライン会員こそストック思考®に触れる環境

文章を読んだり、対談音声を聞いたりということは、どこにいても、ひとりでも、ほぼどこにいても行うことができます。ただ、なかなか一度聞いてすべてを習得することは現実的にはできません。そこで、大切なのは「反復」と「継続」です。

外国にいるときの外国語のシャワーのように、常にストック思考に触れられる環境として3つのサービスメニューをご用意しています。

 

┃週刊 ストックマインド 毎週1回 ※4~5回/月

「耳から離れない」「毎週月曜を待ってしまう」というお便りも届くこの音声配信ですが、「わずか15分のショートトークはストック思考が詰まっている宝箱(大竹啓裕)」と言うくらいです。「日常の気づきや雑談のほうが、あなたの日常とシンクロして気づきが伝わりやすい。(大竹啓裕)」毎週切り口を変えてストック化に必要なエッセンスを届ける約15分の音声番組。

移動や作業中のスキマ時間に何度も聞くことでストック思考が自然と身につくプログラムです。

[バックナンバーから一部抜粋]

・大きな流れのとらえ方

・アイドルエコノミーの探し方

・チューニングが9割の意味

・コミュニティとは何なのか

・コミュニティーは儲かるのか

・ストックが作れる環境とは

・本質しかストックビジネスにならない

・本質の見つけ方

【お試し無料視聴】vol.11「パートナーになれ!」⇒ こちら(注意:音声が出ます)

 

┃事例解読レポート 年6回

ストックビジネスを考えたときに参考になる事例を、日本に限らず世界中から選択してその企業のストック化成功のポイントを解説いたします。ストックビジネス事例を徹底的に分解して解読する永久保存版特別レポート。レポート中に必ずヒントが見つかります。

[バックナンバーから一部抜粋]

vol.1 クラブツーリズム   「店舗型から顧客交流型へ、旅行業に見るストック事例」

vol.2 ストリートアカデミー 「教育×ITが生み出したストック事例」

vol.3 SanSan                      「アナログな名刺をITで徹底活用させるストック事例」

vol.3 モバイク                     「シェアサイクルで世界席捲する中国企業の徹底解読」

表紙 サンプル付き 

≪ 無料サンプル vol.1 クラブツーリズム ≫ ⇒ こちら

 

┃実践企業インタビュー 年6回

日本全国でユニークな事業を行う、主に中小企業の経営者との対談形式レポート。

現在進行形のビジネス事例をストック思考で鋭く分析するプロセスと導きだされた解は、あなたの会社の「ストックビジネス化」のヒントに溢れています。

[バックナンバーから一部抜粋]

vol.1 山内鮮魚店   「震災被害から奇跡の復活!鮮魚店に見るストック思考」

vol.2 心身健康倶楽部 「定年と健康寿命のギャップに着目!健康ビジネスをストック分析」

vol.3 (株)パルマ  「不動産の未開拓市場!ストレージ事業から学ぶストック化」

vol.4 (株)favy         「焼かない焼肉29ON!飲食ビジネスでストック化を成功させた実践的思考法」

表紙 サンプル付き

≪ 無料サンプル閲覧 vol.2 心身健康倶楽部 ≫ ⇒ こちら

 

┃各種イベント

楽しく学ぶことをテーマに各種イベントを企画。

例えば遠足と称する実践企業訪問や合宿など会員同士も楽しみながら参加できるイベントを予定しています。

 

 

活きた事例から学ぶ

使い古された大企業を課題にした事例学習はビジネスではあまり意味がありません。

現在進行形で行わている身近な事業における新鮮で豊富なケーススタディに触れていただきます。「事例解読レポート」「実践企業レポート」のみならず、今ストックビジネスに取り組んでいる会員の事例や悩みに対して具体的な解決方法を探るプロセスにこそあなたに必要なヒントがあります。様々な業界の豊富な事例を共有できる環境を提供します。

 

経営者はいやでも短期的な結果追求から逃げられません。あなたの体は一つです。その状況で同時に長期的視点でものを考えることは難しく、まして短時間に無理してひねり出したアイデアの成功率は低いのが現実。アカデミーが提供する環境は、半年~1年かけて自然にストック思考をインストールしていきます。気づけばあなたは会議中にストック思考で判断しているようになる。

 

HP SBAの三角形

 

        ※ストックビジネスアカデミーカリキュラム概念図

 

 

☆「オンライン会員「入会金」割引キャンペーンで申込む!

万円 ⇒ 1万円
mousikomi

 

ストックビジネスアカデミーの理念

ストックビジネスアカデミーの理念と方針を「憲章」というかたちでまとめました。

主催運営者はもとより、ご参加者の方々にもご協力をいただき、より良い学びの環境づくりを目指してまいります。

img03

 

SBAオンライン会員「カリキュラム&特典」

 ※2017年10月~一部「運営方法」及び「会員制度」変更いたしました。

オンライン会員メニュー

①週刊「ストックマインド」※音声配信

②隔月刊「ストック事例解読レポート」×年6回

※デジタル冊子(PDF)配信

③隔月刊「実践企業インタビュー」×年6回

※デジタル冊子(PDF)配信

④不定期「会員限定イベント」参加権

※セミナー・合宿・遠足など

特典 「ストックビジネス実践口座[2日間マスターコース]」

    ※参加費:2日間25万円(予価)参加割引権

 

 SBA会員規約 

オンライン会員

◇ 月払いコース

毎月 5,000 円(税別)

◆ 年払いコース

一括 60,000 円(税別)

「2ヶ月間返金保証」付! ※年間会費一括 での場合 (2年目以降月払い)

入会金 30,000 (税別)

 

 ☆「オンライン会員「入会金」割引キャンペーンで申込む!

万円 ⇒ 1万円
mousikomi



Copyright © Takahiro Otake All Rights Reserved.